検索
  • t.mastui

🌟撮影のコツ🌟~スマホとは一味違う写真が撮りたい~ vol.001

最終更新: 2020年8月6日

おはようございます❗️

CLOSMATICオーナーのTAKENORIです🎥


本日6/9も定休日ですので、ちょっとお勉強のお話を…


皆様、一眼レフカメラや最近はやりのミラーレス一眼などのカメラはお持ちですか❓

この「撮影のコツ」シリーズでは、感覚的なことや難しいことは抜きにして、「こうしたら確実に写真が良くなる❗️」という部分に絞ってプロが現場で使ってる技や方法をレクチャーしていきたいと思います😆


初回は一番直接的に効果の出る、機材のお話です。



誰でもすぐにちょっと写真がうまくなる機材とはなんでしょう…



それは…



レンズです笑



知ってる人からしたら、なんじゃそら笑…という話なのですが、事実私が初めて納得いく写真が撮れた時に思った事です。


カメラの設定には「絞り」や「シャッタースピード」「ISO感度」などいろいろな設定があります。

そういう知識から入ると撮影って難しいですよね…。


私も学生の頃、下手にそういう勉強をしていたので、そういった設定ばかり気にして、あーでもない、こうでもないとなっていたのですが、なんとなく試しに安いレンズを購入しました。

俗にいう撒き餌レンズというやつです。

初心者に購入しやすい安価で、そこそこ良い写真が撮れる画質のレンズになっていて、まずはこれを買ってもらって、どんどんいいレンズを買ってもらおうという、釣りの撒き餌のような作戦をもとに販売されているレンズですね。


買ったのは50mmの単焦点レンズ。2万~3万ぐらいだったと思います。


試しに何でもない机の上のモノを撮影すると…!

なんか綺麗!


さっきのカメラの設定の話でいれば、ズームレンズでも50mmに合わせて撮れば、同じ構図の写真は撮れます。

明るさなども同じような設定にもできます。


なのになんか綺麗なんです笑


実はズームレンズはズームができるという恩恵の代わりに、画質がすごく悪くなっています。

単焦点レンズはズームインやズームアウトができず、構図を決めるのに、自分が動いて調整する必要があるので、初心者からすると圧倒的に難しそうと感じてしまいます。

しかし、画質は単焦点レンズの方が格段にキレイなんです。


例えば15万ぐらいするズームレンズよりも先ほどの2~3万の単焦点レンズの綺麗かったりします。


なので、まずは安い単焦点レンズを買っていただくのが、手っ取り早く綺麗な写真を撮る秘訣だったりします。


私も普段の撮影では単焦点レンズを使うことがほとんどです。

皆さんも良かったら試してみてくださいね👍🏻




もちろん、もっといろいろなテクニックやコツがありますので

またの機会にお話しさせていただきますね❗️

それでは今後とも、「撮影のコツ」シリーズをよろしくお願いいたします😄


CLOSMATICは大阪市東住吉区にある隠れ家フォトスタジオです。

家族写真・お宮参り・七五三撮影・バースデーフォトなどスタジオでの撮影だけでなく、屋外でのロケーションフォト撮影もお任せください👍🏻

大阪・神戸・京都でのウェディングフォト撮影や撮って出しエンドロールの作成なども行っています。


JR阪和線「美章園」駅下車 ➡ 徒歩約5分

大阪メトロ谷町線「文の里」駅下車 ➡ 徒歩約8分

近鉄南大阪線「北田辺」駅下車 ➡ 徒歩約8分

​大阪メトロ御堂筋線「昭和町」駅 ➡ 徒歩約15分


皆様のご来店をお待ちしております😊

13回の閲覧0件のコメント